結婚指輪の選び方|恋人から家族になる瞬間

カップル
このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚式を華やかに

カラードレス

料金を節約したい

白いウエディングドレスは花嫁だけの特権です。結婚式の衣装を選ぶ時にはまずウエディングドレスを決め、その後に披露宴で着るカラードレスを選ぶ人も多いでしょう。ウエディングドレス以上に様々な色やデザインがあるカラードレスは着たい一着を決めるまでにかなりの時間がかかってしまいます。特に着たいカラードレスが提携ショップにない場合には持ち込み料が別途かかってしまうことがあります。その場合には結婚式場の契約の前に、持ち込みをすることを前提として話を進めてみましょう。「持ち込み料を値引きしてくれたら結婚式の契約をする」という意思を示すことで値引きしてもらえる可能性もあります。結婚式はお祝い事なので値引きはしないのが当たり前というのが昔からの感覚ですが、実際には値引きをすることは全く問題ありません。

選ぶ楽しみがある

カラードレスが人気の理由は結婚式でしか着ることがないということと、そのデザインと華やかさです。お色直しとして着るもののため、ウエディングドレスとのギャップを楽しんだり、式場との一体感を考えたりと「一生に一度の結婚式で主役である花嫁を美しく見せる」ための一つのアイテムとして選ぶことが出来るのも楽しみの一つです。ピンクや赤が人気のある色ですが、人によっては顔色が悪く見えてしまったり実際よりも太って見えてしまうこともある色なので、人気の色にこだわらずに自分が一番美しく見える色やデザインのカラードレスを見つけてみるのも良いでしょう。自分一人では決められないという場合には、家族や友人に見てもらって、似合うものを探してみると良いでしょう。